ブログ

内閣から独立した組織”会計検査院”とは?

2017年11月09日
タグ:その他

こんばんは。アシスタントの田村です。 今日は、内閣から独立した組織である会計検査院についてご紹介します。  会計検査院とは、国の予算が適切・有効に使われているかどうかをチェックする組織です。チェックの対象となるのは、各省庁のほか、独立行政法人や国立大学、国が出資している企業も対象となります。森友学園問題のように、国会が特定の事項について会計検査員に検査を要請することも可能です。   会計検査員は、契約書や領収書をチェックして金額が正しいかを調べたり、購入した機器が活用されているかを確認することができます。強制権はないが、検査の対象となる者は、資料を提出する義務があり、応じない場合は懲戒処分を要求することができます。