ブログ

専門的なスキルを習得して資格を取ろうと考えている人に朗報です。

2018年01月18日
タグ:その他
こんばんは。アシスタントの田村です。
今年は専門的なスキルを習得して資格を取ろうと考えている人に朗報です。
資格を取得したり、技術を身につけるための費用の一部が給付される「教育訓練給付金制度」というものがあります。この制度が、2018年1月に大きく改正されました。
改正ポイントは2つ。1つ目は、対象期間の延長です。
雇用保険に加入している在職中の人だけではなく、退職・離職した後も最大20年まで、制度を利用できることになりました。仕事を辞めてしばらく間が空いてしまったけれど、資格を取ってキャリアを再開したいという人には心強いですね。...
2つ目は、給付金の金額の引き上げです。
教育訓練給付金制度には「一般教育訓練給付」と「専門実践教育訓練給付」の2種類がありますが、このうち、より専門的・実践的な教育訓練を目的とした「専門実践教育訓練給付」の給付金が引き上げられ、3年間で最大168万円となりました。
給付金支給の対象となる講座は、厚生労働省が指定している簿記検定、TOEIC試験、宅地建物取引士、介護支援専門員、社会保険労務士、キャリアカウンセラー、ファイナンシャルプランナー、プログラミング、CAD、Webデザインなど様々です。厚労省のウェブサイトで確認してください。
これらの給付金は講座を修了した後に支給されます。最後まで受講しないと受け取れませんので、注意してください。
www.mhlw.go.jp/…/b…/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html