ブログ

法人税と消費税等の電子申告が義務化となります

2018年03月29日
タグ:経営その他

平成32年4月1日以後開始事業年度から,資本金1億円超の大法人は法人税と消費税等の電子申告が義務化となります。基本的に全ての申告書と添付書類が対象で,データ形式はXML形式(e-Taxで採用している電子データ)で提出することが原則です。一部書類に限り,例外的にCSV形式やPDFデータで提出することができます。 今回の電子申告義務化の趣旨は「官民合わせたコストの削減」にあります。納税者が作成した申告書等を紙で提出し,それを税務署がデータ入力して管理することはコストの増加につながるため,納税者が作成したデータを税務署がそのまま扱う,“データtoデータ”の発想が基本となります。