ブログ

節税保険の実態(日経より)

2018年06月28日
タグ:税務会計節税対策

こんにちは、浅野です。

さて、最近は過度に節税を意識した生命保険商品もあるようで、これらに規制がかかってしまうようです。

経営者を被保険者、受取人を会社とする生命保険自体は、経営リスクを移転させる観点から、また課税の繰延効果(内部留保効果)もあるため有用だと思いますので、弊社自体も、また多くの弊社クライアント様でも、今後どのような保険が税務上認められ、どのような商品が否認されるのか、注視していきたいと思います。