ブログ

もう一度頑張る受験生へ

2018年11月21日
タグ:その他

こんにちは。
公認会計士試験論文式試験の合格発表が11/16にありました。

残念ながら、合格にあと一歩届かなかった受験生もいらっしゃるかと思います。
私自信も、会計士試験に落ちた経験がありますので、その経験を基に合格を目指す受験生の皆様に3点アドバイスを書かせて頂きます。

1. 勉強する習慣を早めにつける。
試験に落ちたばかりだと勉強する気も出ないかもしれません。 しかし、再度合格を目指すのであれば、いつかは勉強を開始することになります。 論文式試験が終わった後、多くの方が勉強に手がつかないかと思いますが再度受験するのであれば、早めに行動し勉強する習慣を早めにつけましょう。

2. 論文式試験までに間に合わなかった箇所や苦手な科目から勉強する。
今回、合格に届かなかった方は、試験までに間に合わなかった箇所や苦手な科目が回らなかったところがあるかと思います。 そういった箇所を勉強していけば、すべて自分の力になるはずです。 時間があるうちに、前回の試験までに間に合わなかった箇所や苦手な科目を勉強しましょう。

3. 周りは気にしない。
会計士試験を目指していると、他の人の勉強の状況や成績が気になってくるかと思います(私もそうでした)。 中には、いつも答練で高得点を取る大天才もいるでしょう。 しかし、周りのことを気にするよりも、目の前の勉強をする方がよっぽど合格に近づきます。 他の受験生と比較して一喜一憂するよりも、目の前の勉強を行っていきましょう。

会計士試験に合格するには日々の努力が必要だと私は思っております。
受験生の皆様が合格して、一緒に仕事が出来るのを楽しみに待ってます。