ブログ

持続化給付金について

2020年05月01日
タグ:

こんにちは!福田です。

先日、新型コロナウイルス感染症経済対策を中心とした令和2年度補正予算が成立しました。これにより総額25兆円を超える予算の中で最も割合の大きい「雇用の維持と事業の継続」に含まれる「中小・小規模事業者等に対する新たな給付金(以下、持続化給付金)」が確定しましたのでご紹介します。

 

弊社代表の浅野のコラム「(第4回)B/S、P/Lから考える!【Collegia流】コロナショック下で企業が生き抜くための資金繰り対策」にも記載ありますが、テレビや新聞などでも多く取り上げられていますので制度をご存じないという方は少ないかと思います。5/1から申請受付は開始していますので、給付対象となる事業者の方はブログをすっとばしていただき下記の持続化給付金HPよりすぐに申請をお願いします。

 

1.概要

資本金10億円以上の大企業を除く、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を対象(医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人についても幅広く対象)とし、法人は最大200万円、個人事業者は最大100万円まで給付されます。

 

2.給付要件

①2019年以前から事業により事業収入(売上)があり、今後も事業を継続していく意思があること。

②2020年1月以降に新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(対象月)があること。

③政治団体や一定の業種を行う事業者でないこと。

 

3.申請方法等

申請期間は2020年5月1日から2021年1月15日までであり、確定申告書類や売上台帳などの証拠書類を準備し、原則電子申請により申請を行います。ただし、ご自身で電子申請が難しい方向けに今後「申請サポート会場」が整備される予定です。

 

4.給付

申請後、不備等がない場合は約2週間程度で申請した銀行口座に入金される予定です。ちなみに、給付金は法人税・所得税ともに課税対象となるということです。

 

以上、ざっと書かせていただきました。「2019年創業でまだ1年経っていないのだけど」とか「前年同月を含む事業年度の確定申告が終わっていないのだけど」などにも特例が用意されていますので、対象になるかもしれないという事業者の方は必ず直接HPをご確認お願いします。

 

持続化給付金HP

https://www.jizokuka-kyufu.jp/

 

内部統制(JSOX)対応のコンサルティング、アウトソーシングはCollegiaへ

https://www.collegia-intl.com/special/j-sox.html