ブログ

2017年05月22日
タグ:その他

こんばんは、アソシエイト一井です。 先日、社会福祉法人の監査が導入されると伺ったので少し調べてみました。税制の優遇が多い社会福祉法人に対して、公益性確保、ガバナンス強化、透明性の向上などの観点から、チェックを強化することが趣旨のようです。そういった趣旨から、一般的な監査に比べてより指導的機能が発揮されるような監査が考えられているとか。 独立性との兼ね合いは難しい問題ですが、さまざまな形の監査はあってしかるべきですし、会計士の活躍の場が広がればいいですね!