ブログ

今週は連結決算支援や経営会議のために・・・

2018年08月22日
タグ:決算・開示支援その他
こんにちは、浅野です。
ようやく夏休みムードを脱し、今週は毎日クライアント様にお邪魔し、連結決算のお手伝いや経営会議へ参加させて頂く予定です。

連結決算支援作業では、早期化と正確さの料率を目指し、チェック&分析作業および調書化作業を担当させて頂いておりますが、つくづく決算を早期化するためのポイントは「急がば回れ」だなとあ、感じます。

数字を作るところまでをゴールに設定するのではなく、面倒でも分析やチェック手続、作業の見える化(調書化)をすることで、大きな誤りがタイムリーに発見され、後戻りの手間が省け、監査も受けやすくなるため、結果的に決算が早期化されます。

また一連の作業を調書として記録することで、担当者の属人化を防ぎ、より組織的に決算を行うことが可能になります。

一県逆説的ではありますが、早期化を実現するためには、数字を作っておしまいではなく、分析作業と調書化をしっかり行うことが重要と感じる今日この頃です。
浅野 雅文アサノ マサフミ
代表取締役社長 / 公認会計士 / 税理士
クラス マネージングディレクター