コラム

タグ:    の付いたコラム

会計・税務のリース取引
こんにちは。石田です。 今回はリース取引の判定についてコラムを書いていきたいと思います。(なお本コラムは筆者の私見であることをご留意ください。) リース取引の判定方法会計基準上、リース取引は賃貸借処理を行うオペレーティングリース取引と売買処理を行うファイナンスリース取引の大きく2つに分けられ、更にファイナンスリース取引は所有権移転ファイナンスリース取引と所有権移転外ファイナンスリース取引に分け [...]
詳細を見る
2020年05月31日
タグ: 財務会計税務会計
(第5回)B/S、P/Lから考える!【Collegia流】コロナショック下で企業が生き抜くための資金繰り対策
4.P/Lから考える資金繰り施策(P/Lアプローチ)~後編~   ➂費用削減の優先順位づけ 第5回の今回は、P/Lアプローチによる資金繰り施策検討法のうち、主に費用削減方法にフォーカスして解説していきます。 前回解説した”収益の増やし方”は、顧客など相手方の意思が必要になるため、自分の一存のみで一朝一夕には増やすことが難しいものでした。 しかしながら費用は、法 [...]
詳細を見る
2020年04月16日
タグ: Collegiaの活動経営リスクマネジメント
(第4回)B/S、P/Lから考える!【Collegia流】コロナショック下で企業が生き抜くための資金繰り対策
4.P/Lから考える資金繰り施策(P/Lアプローチ)~前編~①P/Lの役割と構成 第4回目の今回は、いよいよP/Lから考える資金繰り施策をご紹介します。 その前に毎度釈迦に説法で恐縮ですが、念のためP/Lの役割と構成についてご紹介しておきます(ご存知の方は遠慮なくすっ飛ばして頂いて結構です)。  ■主な役割:  会計年度を通じて発生した収益、費用・損失、結果としての損益の状況を表す  ■主な構成 [...]
詳細を見る
2020年04月15日
タグ: Collegiaの活動経営リスクマネジメント
(第3回)B/S、P/Lから考える!【Collegia流】コロナショック下で企業が生き抜くための資金繰り対策
3.B/Sから考える資金繰り施策(B/Sアプローチ)~後編~➂B/Sの右側から考える資金繰り施策第3回の今回は、第2回に引き続き、B/Sから考える資金繰り施策の洗い出し方法「B/Sアプローチ」のうち、「➂B/Sの右側から考える資金繰り施策」をご紹介します。 前回のおさらいですが、B/Sの右側の役割と構成要素は以下のとおりでした。 ■主な役割:  決算期末時点の定点的な資金調達手段ごとの有り高やバ [...]
詳細を見る
2020年04月14日
タグ: Collegiaの活動経営リスクマネジメント
(第2回)B/S、P/Lから考える!【Collegia流】コロナショック下で企業が生き抜くための資金繰り対策
3.B/Sから考える資金繰り施策(B/Sアプローチ)~前編~さて今回から、網羅的に自社の資金繰り施策を検討できる考え方、『Collegia流 B/S, P/Lからの資金繰り検討フレームワーク』を具体的にご紹介していきます。まず第2回の今回と第3回では、B/Sから考える資金繰り施策の洗い出し方法、「B/Sアプローチ」をご紹介します。 結論から先に申し上げますと、「B/Sアプローチ」は以下の3つのポ [...]
詳細を見る
2020年04月14日
タグ: Collegiaの活動経営リスクマネジメント
(第1回)B/S、P/Lから考える!【Collegia流】コロナショック下で企業が生き抜くための資金繰り対策
1.はじめに皆さん、こんにちは。   Collegia Internationalの浅野でございます。   まずはこのたびの新型コロナウィルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。   このいわゆる“コロナショック”により、世界的に人や物の動きに制限がかかってしまったことで [...]
詳細を見る
2020年04月13日
タグ: Collegiaの活動経営リスクマネジメント
表に出てこないM&Aの苦労話
こんにちは、大内です。7/19付けの日経新聞にて、「 M&A減損 世界で16兆円 18年度、危機後最大 価格高騰、景気減速で裏目」という会計人にとっては特に目を引く記事がありました。この金額規模は2008年の金融危機後で最大で、世界的なカネ余りでM&A価格が高騰していたところに、米中貿易摩擦などを受けた景気減速が重なり、買収した企業の業績が想定より低迷しやすくなっているため、とのこ [...]
詳細を見る
2019年07月28日
タグ: M&A・組織再編経営
経理財務業務へのRPA(ロボティクス)導入
今やRPA(Robotic Process Autoration)は労働人口の先細りや、働き方改革が施行されたこととも相まって、ブームを通り越してすっかり市民権を得ており、導入企業が相次いでいます。特に銀行を中心とした金融機関が積極的にこのRPAを導入しており、古巣KPMGの調査でも、業界構成でRPA導入企業の24%が金融業界である旨のデータが公表されています。これを裏付けるかのように、前職のコン [...]
詳細を見る
2019年07月21日
タグ:
ERMで管理対象となりうるリスク要因
前回、ERMの概要をお伝えしましたが、今回はその管理対象となる「リスク」についてもう少し掘り下げていきたいと思います。まず一般論として潜在的なリスクが発現すると、企業の根幹となる経営資源の量の減少と質の低下が起こります。ここでいう経営資源はヒト、モノ、カネ、そして技術、情報です。例えば、2007年を思い返すと、老舗の不二家だったり、白い恋人で有名な石屋製菓、またマクドナルドなど、賞味期限切れの原材 [...]
詳細を見る
2019年07月15日
タグ: ERMリスクマネジメント経営
ERM(全社的リスクマネジメント)とは何か?
はじめまして、先日の弊社7月1日のブログでリリースされましたが、この7月からパートナーとして参画することになった大内です。どうぞよろしくお願い致します。私自身の経歴は当ブログにおいて記載がなされていましたが、監査法人での監査経験をマネジャーワークまでひととおり経験した後、コンサルタントとしての道を歩んでまいりました。その中で経理高度化支援を含めた会計領域のプロジェクトの他、掲題のERM(全社的リス [...]
詳細を見る
2019年07月12日
タグ: 経営内部統制構築ERMリスクマネジメント
トップの不正は内部統制で防げるのか!?
こんにちは、浅野です。さて日産のゴーン元会長が逮捕され、世間をにぎわせていますね。容疑は、「有価証券報告書」における自身の報酬に関する過少申告、虚偽記載だそうです。本人は現時点では容疑を否認しているとのことで事実関係はまだ不明。これからの捜査に注目です。ただ仮に虚偽記載が事実となると、公認会計士で内部統制コンサルタントの当職としては、・当該虚偽記載が重要な虚偽記載になるのか?(上場廃止基準への抵触 [...]
詳細を見る
2018年11月30日
タグ: IPO支援内部統制構築財務会計
貴社の先生は”戦う税理士”ですか?
こんにちは、浅野です。今週は、先月から対応してきました弊社クライアント様の税務調査に関する国税当局との交渉が終わり一段落しました。残念ながら無傷とはいきませんでしたが、解釈の余地のある論点等(いわゆるグレーゾーン)含め、当初400万円超の追徴指摘を受けたところ、粘り強く説明と交渉を重ね、最終的には40万円程度まで追徴税額を落とすことができました。国税当局と交渉なんて可能なの?うちの税理士先生はそん [...]
詳細を見る
2018年11月16日
タグ: Collegiaの活動税務会計節税対策
なぜ貴社の内部統制対応が行き詰まるのか 6
さて前回では、弊社のコンサル経験上、内部統制対応に行き詰まっている会社さんの多くに共通の6つの誤解についてご説明しました。 第6回目の今回は、そういった誤解を踏まえ、内部統制対応を上手く進めるためのポイントをいくつかご紹介させて頂きます。 (1)  適切な社内チームメンバーの選定と、経営者との活発なコミュニケーションの確保 ①    適切なメンバー選定 [...]
詳細を見る
2018年09月14日
タグ: 内部統制構築
なぜ貴社の内部統制対応が行き詰まるのか 5
さて前回では、弊社のコンサル経験上、内部統制対応に行き詰まっている会社さんの多くに以下の6つの誤解があることをお話ししました。そこで今回はそれぞれの誤解について解説したいと思います。 誤解その1:内部統制に付加価値はないと思っている 誤解その2:監査法人を当てにしている 誤解その3:内部統制対応は文書化すれば終わりだと思っている 誤解その4:内部統制対応はギリギリで良いと思っている 誤解 [...]
詳細を見る
2018年09月07日
タグ: 内部統制構築
なぜ貴社の内部統制対応が行き詰まるのか 4
内部統制対応を行き詰まらせる6つの誤解  前回では、内部統制対応が行き詰まるケースを、A~Eまでの5つのタイプ別にご紹介しました。では、なぜこのようなプロジェクトの行き詰まりが起きるのでしょうか。図1-1-2では各タイプから、内部統制対応が行き詰まってしまう原因を逆進的に、実務レベルでの影響→影響が生まれる行動→行動が生まれる背景となった誤解、という順でロジックツリーの形で相 [...]
詳細を見る
2018年09月07日
タグ: 内部統制構築
なぜ貴社の内部統制対応が行き詰まるのか 3
内部統制対応が行き詰まる5つのタイプ  このように、①(対応不足)と②(対応過剰)の2パターンについてそれぞれコンサルティングを行っていると、不思議なことに実は内部統制対応が行き詰まる要素には共通項が多く、これらは大きく5つのタイプに分けることができます(図1-1-1参照)。もし貴社の内部統制対応が上手く進んでいないとしたら、下記行き詰まりのタイプAからEのいずれかに当てはまるのではないでしょう [...]
詳細を見る
2018年08月09日
タグ: 内部統制構築
なぜ貴社の内部統制対応が行き詰まるのか 2
内部統制対応が失敗する2つのパターンと企業の属性  内部統制対応が失敗するパターンは、大きく①対応不足と、②対応過剰の2つに分けることができます。そして、その中で、さらに内部統制対応が行き詰まるパターンとして見受けられる種類ごとに5つのタイプに分類しました。これらの関係性をまとめたのが図1-1-1です。このように見ると、①(対応不足)のパターンは内部統制報告の意見形成に影響を与え、制度上の問題に [...]
詳細を見る
2018年08月09日
タグ: 内部統制構築
なぜ貴社の内部統制対応が行き詰まるのか 1
 内部統制対応をめぐる代表的なお悩み   「わが社もついに上場することになり、いよいよ内部統制報告制度への対応が必要になった!なになに?監査法人の会計士の先生がアドバイスしてくれるって?よし、監査法人の先生方のアドバイスに基づいて対応していくぞ!監査法人のアドバイス通りにしていれば間違いないだろう!」    そして数ヶ月後。   内部統制担当 「監査法人の [...]
詳細を見る
2018年08月09日
タグ: 内部統制構築
資金繰りの問題に対する適切なアプローチとは
経営者を悩ませる資金繰り     資金繰りで頭を抱えていらっしゃる経営者の方は多くいらっしゃることと思います。 その場しのぎで銀行借り入れを行っても、根本的な財務体質を改善しないことには再び借り入れに頼ることとなってしまいます。 そのような時に頼って税理士の先生に相談したとしても、いかに融資を受けられるかにばかり焦点を当てる税理士も少なくなく、根本的な解決策になってい [...]
詳細を見る
2018年08月06日
タグ: 内部統制構築事業承継支援M&A・組織再編その他
検索結果

詳細を見る
2018年07月11日
タグ:
リスト一覧

詳細を見る
2018年07月11日
タグ:
資本政策解説 シリーズ第2回 ~知らないと怖い!ストックオプションの会計と税務について~
こんにちは、浅野です。  さて、ちょうど本日、資本政策に関するコンサルプロジェクトの一環で、ストックオプションを取り扱う予定なので、だいぶ時間が空いてしまいましたが資本政策に関する解説シリーズ第2回として、今回はストックオプションとその会計処理、そして、知らないとほんとに怖い税務上の取り扱いについて簡単に解説させて頂きます。 ※なお本コラムは分かりやすさを優先させるため、多少粗削りであ [...]
詳細を見る
2018年01月14日
タグ: 財務会計税務会計経営資本調達・資本政策
資本政策解説 シリーズ第1回 ~資本政策とその重要性~
【資本政策のおはなし】 こんにちは、浅野です! さて今日はベンチャー企業様からストックオプションと資本政策についてのご相談を頂きました。ご縁に感謝です! そこで今日はちょっと長いですが、資本政策とその重要性について。 ... 資本政策とは、主にベンチャーなどの非公開企業が、将来の事業に必要な資金を調達するに際し、自社の株式、すなわち自社の持分を、どのような人・企業にどれだけ持ってもら [...]
詳細を見る
2017年08月07日
タグ: 資本調達・資本政策
日経より 監査等委員会設置会社についての採用動向
【監査等委員会設置会社についての採用動向】 今日も日経記事より。 2015年の会社法改正により認められた監査等委員会制度。 監査役の代わりに社外取締役を中心として組成された監査等委員会によって、経営のガバナンスを効かす会社組織形態です。 ... 記事によれば、すでに上場企業の約2割が採用されているそうで、すごい勢いで採用企業が増えているのですね!!(ただし依然として監査役会制度を採用 [...]
詳細を見る
2017年07月24日
タグ: その他
売上高会計基準改訂 補足
昨日の売上高会計基準改訂に関し追加で内部統制への影響について補足です。 今回の改訂により、売上高の大幅な減少が起こることになる一方、売上高利益率は高まるということは昨日のブログで説明したとおりです。 さらに、この変更により売上高が大幅に減少する場合、内部統制報告制度、いわゆるJSOXの評価範囲にも影響を来す可能性があります。 ... 日本の内部統制実施基準では、もっとも深く評価しな [...]
詳細を見る
2017年07月21日
タグ: 内部統制構築
日経より 売上高の会計基準改正について
こんにちは、浅野です!さて本日の日経新聞の記事より売上高の会計基準改正について。 在庫リスクを負わない、いわゆる代理売上について、国際財務報告基準(IFRS)では従来より純額計上とされてきましたが、 日本基準においてもいよいよIFRS同様、純額計上が強制されることになるようです。 日本人は売上高を基準に企業の優劣を見る傾向がありますが、本来は、より少ないオペレーションで、より多くの利益を獲得できる [...]
詳細を見る
2017年07月20日
タグ: その他
平成29年度税制改正~中小企業の事業承継関連税制~
平成29年度税制改正~中小企業の事業承継関連税制~ こんにちは、浅野です! さて29年度税制改正にて、中小企業の事業承継にかかる株価算定方法の改正がありました。 ... なかでも『類似業種比準価格法』の計算方法の変更がありました。これは弊社クライアントに多い、比較的規模の大きな”非公開企業”に特に影響が大きい改正と思われますので、今日は少しだけその内容と企業へ [...]
詳細を見る
2017年05月17日
タグ: 事業承継支援