background

内部統制(J-SOX)コンサルティング・アウトソーシングはお任せください。

“内部統制報告(J-SOX)対応が形骸化・肥大化している”、と感じられることはありませんか?
Collegia Internationalは、企業の内部統制対応にまつわる様々なお悩みに、日本屈指の実績を有するプロフェッショナルコンサルタントチームが的確にお応えいたします。

人件費がかさむ
時々もの凄い量の仕事があるのでピーク時に合わせて雇用すると人件費がかさむ

『働き方改革』への対応
『働き方改革』の煽りを受け、社員に長時間の残業をさせられなくなってきている

ノウハウ不足
社内に内部統制の理解がある人材が不足しており、プロジェクトが思うように進まない

人手不足
文書化や評価のためのマンパワーが足りない

本業に集中できない
監査法人や内部統制担当から、頻繁に資料提出の依頼を受ける

海外子会社への対応
海外子会社の対応できる人材がおらず悩んでいる

知らないうちに『内部統制地獄』にハマっていませんか?

『監査法人の先生の指導に従っていれば大丈夫だろう』などといって監査法人に指導されるがままに内部統制作業を進めていませんか?もしそうだとしたら、貴社はすでに「内部統制地獄」にハマってしまっているかもしれません。

内部統制地獄

『内部統制地獄』から抜け出すためのCollegiaのアプローチ

『内部統制地獄』から抜け出すためには、内部統制報告制度対応の各フェーズごとに作業の最小化、効率化を図る必要があります。

内部統制地獄

Collegiaの内部統制コンサルティング、アウトソーシングソリューションならお悩み解消!

業界最長の経験と実績!

本場アメリカ内部統制制度(US-SOX)導入期より内部統制監査およびコンサルティングに携わってきました!豊富なノウハウで貴社のプロジェクトをスピーディに立ち上げ、『内部統制地獄』からの脱却を強力に後押しします。

人件費を最適化!

文書化作業や評価作業など、ワンショット、季節業務について、必要なときにだけ稼働しますので、高スペックな人材を常時雇うよりも圧倒的に経済的です!

雇用に伴うリスクを解消!

Collegiaなら残業規制や社会保険、昇給の心配も不要です!

豊富な人材!

リーズナブルながらも訓練されたメンバーが多数在籍しています!(海外対応可能)

監査経験を有する公認会計士による

安心のサポートで監査対応もバッチリ!

これまで多くの大手監査法人と、企業側の用心棒として対峙してきた経験を有していますので、監査対応に振り回されるストレスから解放されます!

内部統制コンサルティング・アウトソーシングのサービス内容

① 評価範囲決定・見直し、最小化コンサルティング

『内部統制地獄』から抜け出すために、まずは評価範囲の最小化を目指します。

② 文書化アウトソーシング

導入期において最も工数、負荷がかかる3点セットの文書化作業。 豊富な経験を有する公認会計士の指導のもと、この後の評価フェーズを効率的に実施できるオリジナルフォーマットによる3点セットを作成します。

③ 評価アウトソーシング

期中の様々なタイミングにおいて、必要十分な範囲でスタッフをアサインし、貴社に代わってエビデンスチェック作業と、評価調書記録することで貴社の内部統制評価時の人手不足の解消、コストの最適化を後押しします。

・整備評価(ウォークスルー)サポート
・運用評価(運用テスト)サポート
・ロールフォワード評価サポート

④ 不備改善コンサルティング、モニタリングサポート

評価の結果発見された不備事項について適切に記録集計するとともに、現場担当部署とのコミュニケーションを通じて改善の方向性とアイデアを提案させて頂きます。また改善施策の進捗管理・報告もさせて頂きます。

⑤ 総合的評価・内部統制報告書作成サポート

貴社に代わって期末における最終的な内部統制の有効性に関する評価作業を実施させて頂きます。また内部統制報告書のドラフトも実施させて頂きます。

⑥ 監査対応サポート

内部統制対応の各フェーズにおいて、貴社に代わって監査法人との協議をさせて頂きます。これにより貴社が『内部統制地獄』に陥らないよう、また脱却できるよう支援させて頂きます。

実績

J-SOX、US-SOXともに国内外の上場企業、上場準備企業へのサポート実績多数。
詳しくは、弊社WEBサイトをご覧ください。

実績を見るCHECK

お客様の声

思うように進まなかったプロジェクトが一気に前進しました!

監査法人とのアドバイザリー契約をしたものの、どの企業にも共通の尺自定規なマニュアル本であるべき論のレクチャーを受けるのみ。自社に沿った文書化が全く進まず半年以上時間だけが経ち、焦りが募る毎日でした。そんな中、Collegiaさんに相談したところ、1ヵ月も経たないうちに、以前監査法人から指導されていた範囲よりもだいぶスリムになった状態で評価範囲が確定でき、文書化作業もスイスイ進めて頂きました。おかげで当初のスケジュールどおりに終えることができました!

Image
国内多角化企業A社
内部統制チームリーダー様

承認手続や証跡を最小限に抑えることができました!

監査法人から、なんでもかんでも上長の承認手続と、証跡としてのハンコ押しを要求されていました。その結果、上長がハンコ押しに忙殺され本業に集中できないという現場の悲鳴が絶えませんでした。そんな中、Collegiaさんのアドバイスに基づき監査法人と協議頂くことで、上長の承認を要する部分を最小限度に留めることができました!いまでは現場の負荷も減り、ビジネスのスピードも格段に上がりました!

Image
国内精密機器メーカーB社
内部統制チームリーダー様

雇用にまつわる悩みから解放されました!

会計や監査の知識があり、かつ英語も対応できる高スペックな人材となると、リクルートもなかなか思うようにいかず、また雇用するにも年間を通じて相当のコストを覚悟する必要があります。 その点、Collegiaなら運用テストなど必要なタイミングだけお願いできて経済的ですし、英語での文書対応も監査法人の対応も安心して任せられます。

Image
外資系商社B社様
内部統制担当者様

会社概要

株式会社Collegia International(コリージア・インターナショナル)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-7-1
霞が関東急ビル3F

[代表取締役] 浅野 雅文

[連絡先] 電話: 03-6205-4945

[WEBサイト] https://www.collegia-intl.com

代表・書籍の紹介

Image

浅野 雅文

アサノ マサフミ

公認会計士・税理士
株式会社Collegia International(コリージア・インターナショナル)代表取締役

米国SOX法の導入期から、監査人およびコンサルタントとして数多くの内部統制実務に携わる。外資系企業から国内上場企業まで幅広い指導経験を有しており、セミナー経験も豊富。

1978年
神奈川県生まれ。
2001年
KPMG東京事務所(現有限責任あずさ監査法人旧国際部)入所。
米国系製薬メーカーやドイツ系自動車メーカー、国内大手警備企業などをはじめ、数多くの国内外企業に対する会社法監査、金商法監査を現場責任者として担当。
2006年
KPMG退社後、Collegia International設立。
国内外の上場企業およびオーナー系企業等を中心に、IPO支援(主に資本政策立案、内部統制評価・構築支援)や組織再編スキーム立案・実行支援、事業承継対策、M&A支援(財務DD、Valuation)、その他税務顧問として税務当局との対峙や、定期的な経営会議への参画によるアドバイザリー業務を提供し、現在に至る。
著書
今から始める・見直す 内部統制の仕組みと実務がわかる本(中央経済社)
セミナーDVD付きでよくわかる!日本版SOX法実務完全バイブル(実業之日本社)

メンバー

Collegiaには豊富な人材が在籍しております。
詳しくは、弊社WEBサイトをご覧ください。

メンバーを見るCHECK

よくあるご質問

Q1.サービス提供までの流れを教えてください。

A1.下記の流れでサービス提供を開始させて頂きます。
まずは弊社までお気軽にお問い合わせください。

ページ下部の"初回無料相談のご依頼"のボタンからお問い合わせ
お打合せ
ご提案(お見積の提示)
契約締結
サービス開始

Q2.すでに監査法人とアドバイザリー契約を結んでしまっているのですが、重複しないでしょうか?貴社のサービスと監査法人のアドバイザリーとの違いを教えてください。

A2.重複いたしませんのでご安心ください。監査法人は独立性が求められますので、教科書的な指導(アドバイス)はできても、貴社のために手を動かしたり、貴社の実情に沿ったきめ細やかなコンサルティングは、その立場上できません。よって監査法人は内部統制の文書化作業や評価作業を代行することはできませんが、弊社の役割は貴社に代わってまさにそれらの作業を代行させて頂くものです。

Q3.内部統制対応をまるまるアウトソースすることは問題ではないのでしょうか?

A3.内部統制対応業務をアウトソースすること自体は問題とはなりませんのでご安心ください。しかしながら上場企業としてアウトソースした業務の内容がまったく管理できていない、となると問題視される可能性があります。そこで、弊社はコンサルティングやアウトソースをさせて頂く場合でも、貴社内にキーとなるご担当者様を置いて頂き、作業スケジュールや作業内容、進捗状況、発見された問題点について緊密にコミュニケーションを取らせて頂いております。

初回相談のご依頼

下記ボタンをクリックした後、弊社WEBサイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

問い合わせるCLICK