ブログ

ダイエットを数字で見ると

2020年01月27日
タグ:その他

こんにちは、岡田です。
かつては身体に関するプロとして、今は数字を扱うプロとして仕事をする自分が、今日は、ダイエットを数字で語ってみたいと思います。
私事ですが、昨年1年間で5kgのダイエットをいたしました。
1年間で5kgと聞いて、1か月で5kgの方がすごいのでは?と思った人も多いかもしれません。しかし、数字をしっかり分析すれば、1か月よりも1年間かけるべきだということができます。
脂肪1gは9kcalです。ということは5kgで45,000kcalになります。これを30日で割ると1日1,500kcalです。
1日の消費カロリーが5,000kcal超えのトップアスリートならまだしも、2~3,000kcalの一般人にとって、毎日1,500kcalも摂取カロリーと消費カロリーもの差をつけることはほぼ無理ゲーであることをわかっていただけるでしょうか。1日だけでなく毎日続けるという話です。しかも、摂取カロリーと消費カロリーの差全てが脂肪の減少によって賄われるほど都合よくはいきません。
これが1日150kcalであれば現実味を帯びてきます。その結果が1年間で5kg(脂肪のみ)の減量でした。焼肉食べ放題に行ったりチョコやアイスもそこそこ食べながら、の結果です。
ダイエットと聞くとなぜか短期間で考える人が多いようですが、肝心なのは普段の習慣作りのように思われます。具体的な内容については、また機会があればお話しいたします。
ビジネスにおいて、一時金の取得より、恒常的な利益(キャッシュフロー)を生む体制作りの方が重要である、ことと同様だと思われます。


内部統制(JSOX)対応のコンサルティング、アウトソーシングはCollegia

https://www.collegia-intl.com/special/j-sox.html