コラム

資金繰りの問題に対する適切なアプローチとは

2018年08月06日
タグ:内部統制構築事業承継支援M&A・組織再編その他

経営者を悩ませる資金繰り

 

 

資金繰りで頭を抱えていらっしゃる経営者の方は多くいらっしゃることと思います。

その場しのぎで銀行借り入れを行っても、根本的な財務体質を改善しないことには再び借り入れに頼ることとなってしまいます。

そのような時に頼って税理士の先生に相談したとしても、いかに融資を受けられるかにばかり焦点を当てる税理士も少なくなく、根本的な解決策になっていないことがあります。

融資を受けられるよう図ることも短期的には重要ですが、本質的な問題点(悪化した財務体質)を指摘し、そこをどのように改善していくかをご提案することが本当の解決策と言えます。

 

弊社では本質的な解決策をご提案するため常に未来志向を重視しております。

資金繰りなどの根深い問題に対しては多くの場合、短期的に解決するものではなく、長期的な視点から経営手法や財務体質などを変えていかなければなりません。

 

例えば、資金繰りを改善したいとお考えの会社様などに対してはCCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)という経営指標を継続的にモニタリングしていきましょうとアドバイスすることがあります。

CCCとは投資の支出から回収までの期間を表す指標です。この期間が長いほど必要な時に必要な資金がなく他人資本に頼らざるを得なくなる一方、CCCが短いほど手元に資金があり、より将来性のある投資にいち早く投資ができたり投資の選択肢を多く持つことができ、無駄な利息の支払いもなくキャッシュフローに好循環をもたらします。

ではどうすればCCCを短縮化させることができるか?

CCCは売上債権回転期間、棚卸資産回転期間、仕入債務回転期間の3要素から構成されています。そのため各構成要素に分解し、それぞれの指標を業界平均等と比較することで改善余地のある指標を見出すことができます。

 

もちろん会社によっておかれている立場や環境は全然異なりますので、CCCが資金繰りの問題に対してオールマイティな指標とはなりませんが、改善すべき経営状況をピンポイントで示す指標の一つとして活用することがあります。

 

一井 孝弘イチイ タカヒロ
クラス アソシエイト